「Magic Hour」楽曲解説

さて、アルバム先行の3ヶ月連続の配信企画第2弾の楽曲「Magic Hour」が配信されました。

この曲のテーマは「時間」です。時間、恋愛模様、そんなものを描いた曲になっています。

この曲は元々、大学でのイベントに参加するために昨年夏に完成させた曲であります。

私が去年の初めにNexusというシンセサイザーのソフトを入手したことで、この印象的なシンセのイントロが完成しました。最初はこのイントロのみ出来た状態でしばらく放置されていましたが、学校で私が参加しようと思った非公開のコンペティションのため、この曲を完成させました。

その時、時間をテーマにした仮の歌詞を私が書き、その歌詞で大学の友人に歌ってもらってコンペには応募しました。結果は、あと少しの所で落選という形にはなりましたが、今の私の音楽は、その時の審査員のコメントなどによって存在していると思っており、私の音楽を忖度無しで批評してくださったことにとても感謝していますし、このコンペに出たことは音楽人生に於いて正解だったと今でも思っています。

イントロはシンセ主体の編成ですが、Aメロに入るとバンド編成になるので、そこにちょっとビックリするかもしれません。基本的にギターはかなり歪んでいますが、サウンド的には他の部分でロック過ぎないようになっているため、面白いバランスを保っています。

作詞は、今回初参加となる実杏 (みあ)さんによるものです。私の無理なお願いにも応えてくださいました。本当に感謝しています。実杏さんには、私のアルバム曲の作詞を何曲か依頼する予定ですので、このタッグで生み出される作品を引き続き楽しみにしていてください。

今回、ベースは打ち込みです。そしてドラムは淺野ヒサヤさんによるものです。

また、今回からミキシング、マスタリングを外部に委託するという新しい試みを実施しております!今回、ミキシング・マスタリングを担当してくださったのは「ソリッドサウンド」さん!デモより聞きやすくなりました!ありがとうございました!

この曲、アルバムではProject-ProtoLineによる別アレンジで収録されます。そしてそれが、アルバムのリード曲となります。

これは、先述の非公開コンペの際、審査員から頂いた批評なども取り入れて作りました。

よりこの曲の歌詞の説得力が強くなるアレンジとなっています。お楽しみに。

さて、この3ヶ月連続配信の最後の曲となる来月配信の曲は、別れをテーマにしたバラードです。これは、友人の夏惟とのProject-ProtoLineで共同で作編曲したものとしては、世に公開される初めての曲となります。

ボーカルにはもちろん、私の音楽人生の転換点となったあの人をフィーチャーする予定です。ヤバいカップリング曲も現在制作中ですので、お楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。