「GO YOUR OWN WAY!」楽曲解説

まず、この曲は2022年に入って取りかかった3曲目の曲です。

tasshyサウンドの要となるギター、ベース、ドラムに加え、ピアノ、ストリングスが乗る華やかなポップチューンで、学内のコンペに出そうとした楽曲でもあります。

学内コンペでは、本名を使って出品しなければならなく、作っていくうちに、この曲は本名で出すものじゃないと思った私は、コンペに出すのを辞め、tasshyの楽曲として発表することにしました。

ピアノ、ストリングスといえば、私の別プロジェクトであるProject-ProtoLineの楽曲で主に夏惟がアレンジを担当する部分で、そして楽曲内で活躍している楽器達ですが、今回、学内コンペに個人で出そうとしていたという背景もあって、夏惟の力を借りず、経験を基に自分でアレンジしました。

この曲を作りはじめた時、北京オリンピックで各国の選手が活躍する様子に触発され、浮かんだ風景をどんどん形にしていきました。

そのまま、オリンピックで選手達が努力をして来て、今ここに立っているんだというような感じのテーマで進んでいた所で、楽曲をtasshyとして世に出そうと決めました。学内コンペという縛りがなくなった後、この曲のテーマは別の方向性へと傾くこととなります。それが、tasshyお得意の「応援歌」でした。

今回、時期もあって、対象が10~20代で、新たな場所へ進もうとする人を餞別する歌詞にしようと決めました。例えば、高校・大学を卒業し、就職する、もしくは進学する。

アルバイトを辞めて別のバイトで働くなど、人生に於いての分岐点を経験するにあたり、先への不安が多いことも考えられます。それを少しでも解消した上で、次のステップを踏んでもらいたいというメッセージが歌詞に込められています。

この曲の今までとの違いは、キャリアで初のドラムが生演奏であることです。

ドラムは今回、様々な音楽性に対応したプロと共演経験のあるドラマーによるものです。

今回、私のデモのドラムアレンジにプラス、打ち込みでは実現不可能であっただろう痒い所に手が届くようなアレンジ、そしてグルーブをドラマーさんが加えてくださったことで、よりこの曲の説得力が、次へのステップを踏み出せずにいる人の背中を押せるのでないかと思うほど増しました。

ボーカルは、私が一緒に活動するボーカリストを探すまでの繋ぎとして、ロック系に特化した女性シンガーに依頼いたしました。

ハモリ、コーラスは私tasshyがやってます。

私の歌声を私自身の曲に入れるのは、昨年末に公開した復帰作「ひあうぃーごー! (以下略)」にてエンディング部分を合唱した以来ですね。ちなみに今回、ガッツリ歌ってます。

そのうちラップもやるんじゃないかって気がしてます。

私がメインで歌う曲はもう出ないと思いますが、私の声が私の曲で活躍する機会は多くなると思います。

今、もう1曲世に出したい曲があります。それは、SoundCloudにてデモバージョンが公開されている「School Life」です。

こちらは、青春をテーマにした楽曲にしたいと思っているので、楽曲自体は短いですが、こちらにもご期待ください。

tasshy「GO YOUR OWN WAY! (feat.ManamiKuro)」歌詞&クレジット

作詞・作曲・編曲:tasshy (ドラム追加アレンジ:Drumy)

歌詞

初めての時 右左さえも

分からず ずっと彷徨っていた

支えてくれた 優しい仲間は

だからここまで たどり着けたよ

明日を恐れないで 迷いなんて捨てて

何が起こるか分からない 冒険しよう、今すぐ!

飛び立とう 遥か遠い未来へ

大丈夫さ 怖くない さあ行こう!

何十年とその先もずっと続いてる

可能性を描こう この大空に

重ねて増えた 経験値はきっと

未来を照らす太陽になる

ゴールを追いかけよう 果てしない先の

何が起こるか分からない だから行こう、飛び込め!

飛び出そう 遥か彼方目指して

泣いた日も 笑った日も全て

何十年とその先の未来を描く

七色の虹は空に架かるよ

飛び立とう 遥か遠い未来へ

大丈夫さ 怖くない さあ行こう!

今までの経験は宝物

どんなことも思い出の全て

何十年とその先もずっと忘れない

思い出胸に さあ走り出してこう!

クレジット

Vocal:ManamiKuro
Chorus: tasshy
Guitar: tasshy (PRS Custom24)
Bass: tasshy (Fender Jazz Bass)
Drums: Drumy
Keyboards MIDI Programming: tasshy

夏惟 (Xiawei)のオリジナル曲「海天彼方」が公開されました!

Project-ProtoLineでサポートメンバーとして私の楽曲制作のサポートを行なってくれている、夏惟君のオリジナル曲「海天彼方」が、YouTube、bilibiliで公開されました!

YouTube

海天彼方とは、日本語の意味に直すと、地平線の彼方という意味になります。

彼はこの手の楽曲の制作も得意なのです。また、この楽曲は全てNative InstrumentsのKOMPLETE 12 ULTIMATEに収録されている音源で制作が完結しているとのことです。

現在、これの日本語版を作りたいと私が構想していること、そして、アレンジに少し改善点があると私tasshyが感じていることから、PPLのアレンジで日本語バージョンを作る予定もあります。そちらもご期待ください。

追記

現在、PPLで共同制作中の曲 (YouTubeで元旦にサビのみ公開された曲)ですが、これのLogicのプロジェクトファイルが破損しているせいか、双方で思うように動かないため、こちらの公開には少々お時間がかかるかもしれません。なので、この海天彼方の日本語バージョンがPPLが制作に関わった最初の曲として世に出ることになるかもしれません。tasshyが構想中のユニットの結成が4月以降に延期になってしまったことを受けて、まだなんとも言えません。

お知らせ

ご無沙汰しております。いよいよ私の夢見ていた女性ボーカルを迎えてのユニット活動に向けて曲が少しずつ出来始めてきています!

その前に、ここでお知らせなのですが、

私の音楽制作の幅を広げ、活動の範囲を拡大するべく、ソロプロジェクト「Project-ProtoLine」(読み:プロジェクト・プロトライン)を発足することになりました!

(放ったらかしの自分の活動より他人との仕事を先にやるんかい!)

そして、PPLでの楽曲制作を支えるサポートメンバーとして、友人の夏惟 (Xiawei)を迎え活動いたします。

彼との出会いは、夏惟が依頼を受けて作っていた曲のサウンドデザインに、私tasshyが関わったことがきっかけでした。そうこうやりとりしているうちに、互いの楽曲の特徴に、それぞれが持っていないが、それぞれが欲しかったものがあることに気づいたのでした。

夏惟の楽曲の特徴は、明るいポップなサウンドが似合うメロディーライン、うねるベースライン、楽曲を彩る複雑かつオシャレなコード進行、そしてピアノ・ストリングライン。

一方、tasshyの楽曲の特徴は、女性ボーカル向きの可愛いメロディーライン、パンクやオルタナロックなどに影響を受けた比較的シンプルなギターリフとコード進行。

この互いの持ち味を活かして楽曲を作れば、より良いものが出来るのではないかと考え、夏惟がPPLにサポートメンバーという形で参加することによって、私の国際ソロプロジェクトとして始動する形になりました。

現在、中国での夏惟側が元々請け負っていた仕事の編曲 (前述のもの)、そして私tasshyが女性ボーカルのユニットの楽曲として制作中の楽曲2曲 (1曲はtasshy作曲・PPL編曲、もう1曲はPPL作・編曲)より、この名義を使用させて頂きます。

今後とも、Project-ProtoLine (PPL)の応援よろしくお願いいたします。

ひあうぃーごー! 〜あの星をめざして〜

Saki:

Rikka:

Maki:

S&R:

S&M:ピンク

R&M:水色

全員:黒

そのエールが この背中を押したんだ

キミがくれたあの言葉を 信じているから!

どんなに泣きたいことがあっても 絶対ボクはあきらめないよどんぎば!

キミと ボクらといつもひとつ みんなであの星をつかもう

キミとなら行けるさ 恐れずにHERE WE GO!

(1! 2! 3! 4!)

さあ行こうもっと きっとボクらは

飛べるよ だってキミがいるから!

不安な時があってもキミが 一緒にいれば心配ないねどんうぉーりー!

ボクらと  キミはいつもひとつ みんなで手と手をつないだら

あの星を目指して どこまでもキミと!

お久しぶりです

tasshyです。色々な音源やギターを入手して以来、ずっとSNSと距離を置いて創作活動を続けていました。現在、まあなんとか私がかねてから計画していた女性ボーカルのユニットのためのオリジナル曲がある程度出来てきたなという感じです。

私は、自分自身が歌うよりも人に歌って欲しいという心境の変化はずっと前から起きてはいたのですが、その気持ちが強くなり、そしてシンガーとしては完全に身を引こうと考えたのは今年の3月頃だったと思います。

そこから、まだどんなボーカリストが私の作ったメロディーを歌うのかも全く考えないまま、ポップ、ロックなどジャンルを問わない色々な曲が出来ていったのでした。

しかし、私は思いました。それを何処にも公開しないのもまた、よろしくないなと。せめて一曲か二曲かは出してもいいんじゃないかと。

そこで本日18:00、私のSoundCloudで新曲が緊急発表されます。

ボーカルは、私が現在デモボーカルを付けるために使用している音声合成ソフト「Synthesizer V」のライト版に歌わせました。

先日のアップデートで、より人間に近い歌声を披露してくれるようになったSynthesizer V。このアップデートには私自身驚かされました。

ということで、今回はそれを使用し、tasshyが3人組女性アイドルを作りプロデュースするとどうなるかというコンセプトから出来上がったこの曲を、どうぞご清聴ください。

(YouTube版のリリックビデオも追って制作予定です。また、Synthesizer V ライト版では商用利用が禁じられているため、この曲の収益化、配信の予定はなし)

そして、メリークリスマス。

p.s.

2022年1月1日、もう一つ私の今後の活動に関わる発表があります。

サイト復旧しました

1ヶ月程前、ブログの更新を行おうとした所サイトに入れないのを確認し、”データベースのエラー”ということで色々手を打ってみたのですが、中々元に戻らず、データベースを初期化し、さらにWordPressも再インストールを行い、仮サイト時代のバックアップデータを使用してこのサイトを復活させてみました。

またアクセス出来なくなってしまったといったようなことがないことを祈ります。

新サイトに移行してすぐのブログでは、新ドメイン「tasshy.tokyo」についてを語っていました。

再びここにも書きますが、元々「Jimdo」というサービスで公式サイトは運営していました。しかし、Jimdoが有料アカウント以外のサイトのドメインを「jimdofree.com」に変えるという方針を打ち出したため、freeという単語にダサさを感じた私は、独自ドメインでサイトを運営する決意を致しました。

まず最初に、このサイトを作るまでの仮サイトとして「tasshy.shop」というドメインで運営していました。

この仮サイトのドメインである「.shop」は、1年間無料で利用出来るドメインなのですが、1年経つと決済情報を登録してお金を払い更新しなければなりません。

その維持費は、5年間で約2万円近くかかります。しかし、このドメイン「.tokyo」は、5年間でも約5000円程の維持費です。

これに魅力を感じたこと、そして活動の拠点が東京であることから、このドメインを取得し新サイトに移転しました。

そして最後に、このサイトのtashythm (タシズム)という造語についての由来ですが、この言葉は「tasshy」+「rhythm」を合体させて作りました。

それならtasshythm (タッシズム)じゃないか、となると思いますが、ダサいのと、言いづらいのと、sが連続して続くとややこしいという理由から、sを一つ退けてtashythmとしました。

「ファシズム」という言葉がありますが、それとなんとなく語感が似てしまい、それを想起させるという可能性もあるため、一度はtashythmを使うのは避けようとも考えました。

しかし、やはりタッシズムというのはあまり芸術的でないと感じたため、最終的にはタシズムという読みを採用しました。

以後、この新サイトでは様々な情報、手持ちのCDや音楽の紹介 (ストリーミングにあるものはSpotifyを中心として情報発信していきます)、など展開していく予定です。今後とも宜しくお願い致します。

「FOCUS」自主解説

この曲は、元々デモ段階では「AF/MF」というタイトルでした。

カメラのAuto Focus/Manual Focusのことであり、最初はそういう写真を題材にした曲第2弾(第1弾は「TAKE!」)を作ろうと思って作っていました。

まずは曲を作り、女性歌手数名の音域を参考にし、メロディーもシンプルで分かりやすく、誰でも歌えるような曲を目指して作っていきました。

作曲で大体2日、大体の編曲に2〜3日ほど掛かりました。

2019年内に完成させたい思いから、2020年以降は手を加えないというつもりでアレンジも少々変わりながら、年内に間に合わせました。

アレンジと並行して、作詞を始めていました。

途中から、作ったデモが「写真」というコンセプトに合わないと感じました。

私は北九州を離れ、これから新たな地でやって行くわけで、何かここ北九州に感謝を伝えるような曲を残してから上京したいと思い、試しにこの曲のメロディーラインに沿ってテーマ通りに歌詞を書いていった所、見事にハマり、この曲は完成しました。

今回、この曲は自分でも完成度の高い作品だと自負しており、どうしてもTuneCore等を利用して収益化プログラムに対応させたいと思っていましたが、この曲のイントロ及び間奏明けのサビで聞こえる印象的なドラムの音。

これが実は、ループ素材という誰でも使えるフリーの音の素材を使っていたために、それが曲中に含まれたものを収益化することは出来ないため、収益化を諦めて今回通常状態でのアップロードに踏み切りました。

最後には、知られているのか知られていないのか分からないような、SoundCloudにアップした新曲のデモバージョンについての告知動画も挟んであります。また、下からも聞けるようにSoundCloudを埋め込んでおきます。

こちらの曲は、秋以降「進化を遂げた形」で、完成版がお披露目されることとなるでしょう。(tashiISM IIに収録の予定は無し)

完成までしばらくお待ちください。

「FOCUS」

作詞・作曲・編曲:tasshy

歩き出す度に振り返っている
思い出が刻まれてるんだと感じながら

思えば長いこと過ごしたこの街も
しばらく離れてしまうのさ

遠くへずっと 道が真っ直ぐに伸びている
僕は今から夢へと続く道を行く 真っ直ぐ

出会いと別れが重なる春には
涙を誘う風が街に吹いているのさ

いつの日か通った道を歩いていると
気づかなかったことに気付く

僕はいつまでも ここで立ち止まれやしない
もうすぐここを離れて 自分の道を行く日が来る

旅立ちの時 向かう、あの搭乗口へ
荷物を抱え 今、僕はここを旅立つ

機体は空の はるか上を目指していく
住み慣れた街 だんだんと雲に隠れて

着地点には 道の続きが待っている
夢を追いかける航海 (たび)は 今日これから再び始まる

Vocal,Chorus,Guitar,Mix,Mastering : tasshy

REC : Jan,29,2020 (Sound Boogie Kokura B Studio)

tashiISM (Ⅰ)、配信


この度、初の作品集「tashiISM」をSoundCloudにて配信開始致しました。
今回、当ブログでは1曲ずつ解説のようなものを展開していきたく思います。

1.Welcome to “tashiISM” World

Windowsで作曲された、アルバムの1曲目を飾るインスト。
ドリカム方式を取り、Let’s Sing Togetherよりメロディーを引用。
曲調は古き良きダンスミュージックの趣となっている。

2.TAKE!

作曲時期は2019年の2月頃。
メロディーは比較的短時間で完成したものの、アレンジ面で試行錯誤し、完成したのは半月後。
ギターソロは何度も録り直しが行われ、これはスタジオでレスポールを借りた際にBOSSのオーバードライブエフェクターを通して弾いたものである。

3.Take it Easy

作曲時期は2018年の11月。
当時聞いていた音楽をそのまま自分なりに解釈し、完成させた。

4.Sometimes

作曲時期は2019年2月頃。
修学旅行でのスキーの経験を元に作詞され、それに寒く冷たい雰囲気を出し、「行ったつもり」になってもらうために、80年代のシンセサイザー「DX7」のサンプリング音源と、ドラムマシンの「TR-808」のサンプリング音源を用いてアレンジをしながら作曲された。

5.Typhoon〜6.真っ直ぐGO!

Typhoonの作曲は2017年の11月、真っ直ぐGO!は2018年の7月である。
Typhoonは、本来2019年4月頃に公表予定であった「ROAD」に収録予定であった楽曲。
しかし、ROADを封印したがこの曲のみはどうしても世に出したい気持ちがあり、tashiISMの収録予定曲であり、Typhoonの続編として制作していた「真っ直ぐGO!」と共に収録しようと思い、4月にYouTubeで先行公開した。

7.Let’s Sing Together

本格的な作曲時期は2018年11月頃。
「歌を歌おう」をテーマにした楽曲として制作された。
曲調は、長年やってみたかったモータウンビート。

8.Dancin’ Baby

作曲時期は2016年中旬、2018年7月頃。
当時、DA PUMPのU.S.A.がきっかけでユーロビートが再び注目されていた時、自分もやってみようと思い、過去に制作したメロディーからリフを引っ張り出して制作した。
間奏部分のラップは元々から存在したが、エンディング部分のラップはレコーディング途中に思い付き、形となった。
エンディング部のラップは、制作の際、TRFのEZ DO DANCEにアレンジ面でも影響されたことから、DJ KOO氏を意識するよう心がけた。

9.ココロの天気予報

作曲は2018年3月、12月。
3月、XV-5080収録のSEに影響され、制作を開始するも、放置されていた。
しかし、それではまずいと感じたため、12月に一気に書き上げる。
ギターソロは何度か録り直し、これは2019年12月20日のテイクである。実にギリギリまで制作していた。

こんな感じでしょうか。それでは、tashiISM、お楽しみください。

tashiISM↓
tashiISM – SoundCloud